So-net無料ブログ作成

Type PにもWindows 7 [VAIO]

Type PにもWindows 7をインストールしてみました。

実は元々ベータ版を入れていたので、おそらくあまり問題なくインストールできると思っていました。
インストールにはDVDドライブが必要だが、Type PにはもちろんついていないのでUSB外付けのドライブを用意した。

↓インストールの開始画面
P1030264.jpg
アップグレードか新規かの選択で迷わずアップグレードを選ぶと、インストールするパソコンのハード・ソフトの互換性がチェックされる。
すると、案の定というか、いくつかのアプリケーションに問題が指摘された。
McAfeeのアンチウイルスプログラムで問題が指摘されるというのは事前に聞いていたが、Skypeも警告が出るとは知らなかった。今回は両方ともアンインストールすることにした。
これらをアンインストールして再度開始すると今後はすんなりインストールが始まった。

インストール中の画面。鳥や草が描かれていて少し華やかなイメージ
P1030262.jpg
約2時間くらいかかり正常に終了した。

インストール直後のデスクトップ画面
P1030271.jpg
完了後、デバイスマネージャーで見てみると、内蔵されているコンポーネントはどれも正常にインストールされているようだった。
問題が出やすそうなウェブカメラやBluetoothもきちんと動作している。
内蔵無線LANのスイッチを入れると無線LANが有効になったほか、付属のネットワークユーティリティー「VAIO Smart Network」も動作した。

でもって評価は…
Type Pユーザエクスペリエンス.jpg
所詮はAtom搭載機なので、Windowsエクスペリエンスインデックスの値は低い。特にCPUは「2.6」とかなり低い。とはいえ、Vistaよりは気持ち軽い気がする。
ディスプレードライバーがWDDM 1.0対応のものが導入されていたので、1.1が導入できれば、もう少し軽くなるかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。